Winscpによるファイル転送(セキュア) 合計:
昨日:
今日:

更新日:2012/12/11

ホームへ戻る
サーバーへのファイル転送として、SSHのscp機能を用いて、セキュアなファイル転送をおこなうために、winscpをウィンドウズにインストールする。
 
[前提条件]SSHサーバーが構築済みであること。
 
 
◆Winscpのインストール <<TOP

@、Winscp本体をダウンロードする。

Winscpのダウンロードページより、Installation packageをダウンロードする。2008/12/1の時点で4.1.8が最新バージョンとなっていました。

ダウンロードした、実行ファイルを実行し、インストールする。

今回は、アップグレードの場合を記します。

インストールパッケージをダブルクリックすると次の画面になります。

OKをクリックします。

次へをクリック

次へをクリック

次へをクリック

インストールをクリック。

完了でインストールが完了です。

 

◆Poderosa鍵からWinSCP用鍵を作成 <<TOP

Poderosaで使用している秘密鍵からWinSCP用の秘密鍵を作成する。

スタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒WinSCP⇒Key tools⇒PuTTYgenで、鍵ペア作成ツールを起動する

Loadボタンをクリック。次の画面がでる

Poderosaで使用している秘密鍵を選択。開く

秘密鍵のパスワードを上記のウィンドウに入力する。次の画面がでる

OKをクリック

Save private keyボタンをクリックする

適当なファイル名で保存する⇒これがPoderosaの秘密鍵から作成したWinSCP用の秘密鍵となる

 
◆WinSCP設定 <<TOP

Winscpを起動

新規をクリックする

セッションを選択⇒ホスト名を指定⇒ポート番号を指定⇒ユーザ名を指定⇒秘密鍵(K)を選択

秘密鍵を選択して開く

保存をクリック

適当な名前を付けて保存

作成した新しいセッション名でログイン

パスフレーズを入力する

これで、ファイルの転送ができるようになる

 
◆広告等 <<TOP
 
 
   
TOPへ

Copyright(C) 2005-2013 arisonserver. All rights reserved.