True Image(acronis)を利用したリカバリー方法

更新日:2007/3/24

ホームへ戻る
Acronis製のTrue Imageを使用したリカバリー方法を示します。  
<<TOP

電源投入後、CDROMがファーストブーストになっていない場合があるので、たいていは、F12ボタンを押すと 起動ドライブを変更することができる。
起動ドライブ変更画面が出たらCDROMを選択する。CDROMドライブにTrue Imageのブータブルメディア を挿入する。 次のような画面が出てくるはずです。

Acronis True Image Home(完全版)を選択する。すると次の画面が現れます。

続いて、次の画面に切り替わります。まだ、何もしなくていいです。

そして、次の画面で操作を選択します。

ここで、CDROMドライブにリカバリメディアの最後の番号のものを挿入しておきます。

復元を選択します。すると、次の画面が現れます。

次へ(N)を選択します。すると次の画面が現れます。

CDドライブのところの+のところをクリックすると、バックアップファイルの中身がみられます。

この場合、0703212.tibを選択します。すると次の画面になります。

そして、次へを選択します。すると次の画面が現れます。

ディスクまたはパーティションの復元(D)を選択し、次へをクリックします。すると次の画面になります。

C:のところを選択し、次へをクリックします。すると次の画面が現れます。

デフォルトのパーティションのサイズを変更しません。を選択し、次へをクリックします。すると次の画面になります。

最後のバックアップメディアを取り出し、1枚目のバックアップメディアを挿入します。

バックアップメディアの枚数によって何度か警告の画面が出てきますが、その指示に従って、復元を完成させます。

 

<<TOP
   
   
<<TOP
   
<<TOP