OUTLOOKのバックアップ、復元方法

更新日:2007/7/15

ホームへ戻る
outlokkexpressの受信トレイ等のバックアップ、復元方法を記したいと思います。  
◆OUTLOOK EXPRESSの場合 <<TOP

まず、outloook express を起動する。次の画面が出ると思います。

この画面で、ツールのオプションを選択します。次の画面のようにです。

すると、次のような画面が出てくると思います。

この画面で、メンテナンスタブをクリックします。すると次の画面が現れます。

この画面で、保存フォルダをクリックします。すると、次の画面が現れます。

次に、C:\Documents・・・・のところで、右クリックします。すると次の画面が現れます。

すべて選択をクリックします。すると次のようになります。

青く変わったところを右クリックしてコピーを選びます。次のような画面です。

コピーをクリックします。すべての画面を閉じます。次にスタートよりマイコンピュータをクリックします。

すると次のような画面になると思います。

アドレスの欄のところで、右クリックすると上記のような画面が現れます。そこで、貼り付けを選択します。すると次の画面になります。

貼り付けた後enterボタンを押すとoutlook expressの受信トレイ等のデータが見えます。(dbxファイルです)

後は、このデータを保存するなり、MOに書くなり、USBメモリ等に書き込むことによって、バックアップは終わりです。フォルダを選択しコピペ(コピー&ペーストのこと)がしやすいようします。下記のような画面になると思います。

編集を選択しすべてを選択を選びます。

すると、すべてのファイルが選択状態になります。

青く変わったところを右クリックしてコピーを選択します。その後、スクロールバーを操作して次のような画面にします。

この画面の場合は、リムーバルディスクのUSBメモリに書き込む方法となっています。

それぞれのPCによって、MOに書くなり、適当なフォルダに保存することもできます。

以上で、バックアップは、終了です。

<<TOP
   
   
<<TOP
   
<<TOP
   
<<TOP

 

 
<<TOP

 

 
  <<TOP