バーチャルホスト設定 合計:
昨日:
今日:
更新日:2008/3/24
<<ホームへ戻る


同じサーバー上で、異なるドメイン名でもアクセスできるように
apachのバーチャル機能を利用する。本来のドメインをarisonsvr.org(リアルドメイン)とし、
バーチャルドメインをchitosan.dip.jp(zencartの構築で使っている)とする。
・リアルドメインは、http://arisonsvr.org/
・バーチャルドメインは、http://chitosan.dip.jp/
・リアルドメインのドキュメントルートは/var/www/html
・追加するバーチャルドメインのドキュメントルートは/var/www/html/chitosan
・リアルドメインへのアクセスログは/var/log/httpd/access_log、/var/log/httpd/error_logに記録する。
・追加するバーチャルドメインのアクセスログは
   /var/log/httpd/chitosan-access_log、/var/log/httpd/chitosan-error_logに記録することとする。


当然のことながら、ドメインは、前もって取得しておく必要があります。
◆Webサーバー設定 <<TOP

@、バーチャルホスト用の設定ファイルを作成する。

[root@server ~]# mkdir /var/www/html/chitosan ← バーチャルドメイン用ディレクトリ作成

[root@server ~]# vi /etc/httpd/conf.d/virtualhost.conf
          ↑ バーチャルドメイン用設定ファイル作成
NameVirtualHost *:80
#以下、リアルドメイン(arisonsvr.org)
<VirtualHost *:80>
    ServerName arisonsvr.org
</VirtualHost>
#以下、追加バーチャルドメイン情報(chitosan.dip.jp)
<VirtualHost *:80>
    ServerName chitosan.dip.jp
    DocumentRoot /var/www/html/chitosan
    ErrorLog logs/chitosan-error_log
    CustomLog logs/chitosan-access_log combined env=!no_log
</VirtualHost>

     

A、WebサーバーでSSL設定を使用している場合は、次のように対処しておく。

[root@server ~]# 

 

<<TOP

 

 

 

 

 

 
◆広告等 <<TOP