Webページのパスワード制限 合計:
昨日:
今日:
更新日:2007/4/28
<<ホームへ戻る


Webページを見るときに、ユーザ名とパスワードによりパスワード制限をかける方法を記していきたいと思います。

 
◆Apacheの設定 <<TOP

[root@server ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf ← Apache設定ファイル編集
    ・
    ・
#
# AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
# It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
#   Options FileInfo AuthConfig Limit
#
    AllowOverride All ← .htaccessを許可するためAllにする

[root@server ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd reload ← 設定を反映するためreload
httpd を再読み込み中:                                      [  OK  ]
[root@server ~]# 

      

◆htpasswdコマンドを使用してパスワードの登録 <<TOP
@、最初は、.htpasswdファイルを作成するためhtpasswdの-cオプションを使用する。

[root@server ~]# htpasswd -b -c /etc/httpd/conf/.htpasswd centos centospass
                 ↑ .htpasswdファイルを作成し、centosユーザーとパスワードを登録する
Adding password for user centos
	  
[root@server ~]#		  
		  

A、2番目以降は、-cオプションは入らない。

[root@server ~]# htpasswd -b /etc/httpd/conf/.htpasswd centos2 centos2pass
Adding password for user centos2
[root@server ~]#	  
		  


B、ユーザとパスワードが登録されているか確認

[root@server ~]# cat /etc/httpd/conf/.htpasswd ← 登録の確認
centos:ifz3aN5ZFroM6
centos2:2iJzW2vk463TI
[root@server ~]#	  
		  

 

◆Webページのパスワード確認 <<TOP

@、テスト用のディレクトリとページを作成する。

[root@server ~]# mkdir /var/www/html/tmp ← テスト用のtmpディレクトリ作成

[root@server ~]# echo test > /var/www/html/tmp/index.html ← ページ作成


		  

A、.htaccessファイルの作成

[root@server ~]# vi /var/www/html/tmp/.htaccess ← .htaccessファイルの新規作成
		  
SSLRequireSSL
AuthUserFile /etc/httpd/conf/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "member only please username & password"
AuthType Basic
require valid-user ← .htpasswdに登録されている全てのユーザがログイン可能

require user centos ← centosユーザーのみログインできる

B、ユーザー認証の確認

http://arisonsvr.org/tmp/index.htmlにアクセスしてエラーが発生し
https://arisonsvr.org/tmp/index.htmlにアクセスして次の画面が現れることを確認する。

先ほど登録したユーザー名centosとパスワードを入れてテスト画面のtestが表示されればパスワード制限がされていることになる。

 
<<TOP