VNCサーバーの設定

ホームへ戻る

合計:
昨日:
今日:
更新日:2013/1/8

VNC(Virtual Network Computing)の構築

サーバー側に、xwindowとDesktop(gnome)がインストールされていることが前提です。xwindowのインストール参照

 
 
VNC サーバー のインストール <<TOP

@CENTOS6の場合

理由はよく分かりませんが、システムのインストール状況によりtigervnc-serverがインストールされることもあるのでその場合を前提に設定を行っていく

[root@server ~]# yum -y install tigervnc-server ← tigervnc-server(centos6)のインストール
    ・
    ・
    ・

Running Transaction
  Installing : tigervnc-server-1.0.90-0.15.20110314svn4359.el6_1.1.i686   1/1 

Installed:
  tigervnc-server.i686 0:1.0.90-0.15.20110314svn4359.el6_1.1                  

Complete!
[root@server ~]# 	
		

 

 
   
VNC Viewer の取得 <<TOP

VNC ViewerをダウンロードするにはRealVNCより入手可能です
ダウンロード先はRealVNC - VNC Downloadsから行ってください。


今回使用するのは、Windows版の「Free Edition Ver4.1」とします。
こちらのRealVNC - Download VNC Free Editionで必要事項を入力し「Proceed to download」ボタンをクリックしてください。
次画面に「VNC Free Edition Viewer for Windows」がありますので、「実行形式(exe)」または「圧縮形式(zip)」のどちらかを選択します。
これを、クライアント側のPCにインストールする

VNCサーバーの起動 <<TOP

リモートで、PCをコントロールするために、vncserverを起動しておく。

起動方法:

VNCサーバーのデフォルトは、解像度=800×600pixel 色深度=8bit、Window Manager=twmに、なっています。

[root@server ~]# vncserver -geometry 800x600 ← VNCサーバを起動し、画面サイズを800x600にする

[root@server ~]# su - admin ← vncを設定するユーザにログイン
[admin@server ~]$ vncserver -geometry 1024x768 ← 1024x768の画面で起動します
You will require a password to access your desktops.

Password: ← パスワード応答(vnc-viewerのログオンで必要)
Verify:
xauth:  creating new authority file /home/admin/.Xauthority

New 'server.arisonsvr.org:1 (admin)' desktop is server.arisonsvr.org:1

Creating default startup script /home/admin/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/admin/.vnc/xstartup
Log file is /home/admin/.vnc/server.arisonsvr.org:1.log
 
[admin@server ~]# vncserver -kill :1
                   ↑ サーバーストップ、コマンドの最後の数字は、VNSサーバを起動した時のディスプレイ番号になります。

 

外部からVNCサーバにアクセスするには、ルータの設定が必要です。
また、DNS名での接続は事前にドメイン名の取得を行っている必要があります。
ルータの設定でポート番号590x番を開けてください。(xは、ディスプレイ番号)
 
   
   
◆デフォルトウインドウマネージャの変更 <<TOP

デフォルトでは、twmになっているので、gnomeに変更する。

設定ファイルの変更

[admin@server ~]# vi .vnc/xstartup ← 設定の変更
#!/bin/sh

[ -r /etc/sysconfig/i18n ] && . /etc/sysconfig/i18n
export LANG
export SYSFONT
vncconfig -iconic &
unset SESSION_MANAGER
unset DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS
OS=`uname -s`
if [ $OS = 'Linux' ]; then
  case "$WINDOWMANAGER" in
    *gnome*)
      if [ -e /etc/SuSE-release ]; then
        PATH=$PATH:/opt/gnome/bin
        export PATH
      fi
      ;;
  esac
fi
if [ -x /etc/X11/xinit/xinitrc ]; then
  exec /etc/X11/xinit/xinitrc
fi
if [ -f /etc/X11/xinit/xinitrc ]; then
  exec sh /etc/X11/xinit/xinitrc
fi
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
#twm &    ← コメントアウト

exec gnome-session & ← 追加(gnome起動とする)

".vnc/xstartup" 31L, 677C written                                          
[admin@server ~]$

 

 
◆VNC Viewerの起動 <<TOP

@VNC Viewerを起動する

上記は当サーバの例だがServerのところにIPアドレスあるいはドメイン名を入れる:1はディスプレイ番号VNC-serverを起動したときに表示されているOKを押下

Passwordのところにパスワード(VNC-serverを初めて起動したときのもの)を入れてOK

上記のようにgnomeディスクトップが表示されリモート制御が可能になる

VNC-srverは、セキュリティが甘いところがあるため必要な作業が終わったらストップした方がいいでしょう

[root@server ~]# vncserver -kill :1 ← vncserverをストップ
Killing Xvnc process ID 7220

[root@server ~]# 

 

 
 
 
◆広告等 <<TOP
 
 
   
TOPへ

Copyright(C) 2005-2013 arisonserver. All rights reserved.