NTPサーバーの構築 合計:
昨日:
今日:

更新日:2014/4/17

ホームへ戻る
NTPサーバーを構築して、サーバーの時間を日本標準時間に自動的に合わせるようにする。NTPコマンドでも、時間を合わせることができるが、NTPサーバーを構築することによって、サーバー自身を、時間を合わせるサーバーとすることができる。
もちろん、このサーバーも他のNTPサーバーに同期を取ります。
 
 
NTPサーバーのインストール <<TOP
   
[root@server ~]# rpm -q ntp ← NTPがインストールされているか調べる
ntp-4.2.2p1-5.el      ←  インストールされている

もし、インストールされていない場合
[root@server ~]# yum -y install ntp ← NTPサーバーインストール


◆NTPサーバーの設定 <<TOP

自分が契約しているプロバイダがNTPサーバーを公開しているなら、そのNTPサーバーに同期を取るようにする。
『インターネットマルチフィード時刻情報サービス for Public』の公開 NTPサーバを利用させて頂いております。
自分のプロバイダがNTPサーバーを公開しているかどうかは、ここで確認する。NTPサーバーにアクセスが集中しないようにするためになるだけ、ご自分のプロバイダのNTPサーバーに同期を取ることをおすすめします。

[root@server ~]# vi /etc/ntp.conf ← NTP設定ファイル編集
   ・
   ・
# Hosts on local network are less restricted.
#restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap ← 内部からの時刻同期を許可
   ・
   ・
# Use public servers from the pool.ntp.org project.
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
#server 0.centos.pool.ntp.org ← コメントアウト
#server 1.centos.pool.ntp.org ← コメントアウト
#server 2.centos.pool.ntp.org ← コメントアウト
#server 3.centos.pool.ntp.org ← コメントアウト
   ↓ 下記に変更   
server ntp.nict.jp        # 日本標準時を提供しているNTPサーバー(stratum 1)
server ntp.jst.mfeed.ad.jp    # 上記サーバーと直接同期しているNTPサーバー(stratum 2)
server プロバイダのNTPサーバー名 # プロバイダのNTPサーバー
 

 

 
◆NTPサーバー起動 <<TOP

NTPサーバー起動時に、時刻が大幅にずれていると、起動できないことがあるので、あらかじめ、手動でサーバーの時刻を合わせてから、起動する。

[root@server ~]# ntpdate ntp.nict.jp ← 手動で時間を合わせる
17 Apr 15:10:52 ntpdate[3113]: step time server 133.243.238.243 offset 312.409937 sec
[root@server ~]# /etc/rc.d/init.d/ntpd start ← NTPサーバー起動
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]
[root@server ~]# chkconfig ntpd on ← NTPサーバー自動起動ON
[root@server ~]# chkconfig --list ntpd ← 自動起動確認
ntpd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
[root@server ~]#

◆下記のようなエラーが出る場合の対処方法

[root@server ~]# ntpdate ntp.nict.jp ← 手動で時間を合わせる
30 Dec 09:40:14 ntpdate[31380]: the NTP socket is in use, exiting
    ↑ 上記のようなエラーが出る場合
[root@server ~]# /etc/rc.d/init.d/ntpd stop ← ntpサーバが起動しているので止める
Shutting down ntpd:                                        [  OK  ]
[root@server ~]#  ntpdate ntp.dnsbalance.ring.gr.jp ← もう一度手動で合わせる
30 Dec 09:43:57 ntpdate[31403]: adjust time server 133.243.3.209 offset -0.041851 sec
[root@server ~]#  
[root@server ~]# /etc/rc.d/init.d/ntpd start ← NTPサーバー起動
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]
[root@server ~]# chkconfig ntpd on ← NTPサーバー自動起動ON
[root@server ~]# chkconfig --list ntpd ← 自動起動確認
ntpd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
[root@server ~]#

 

 
◆NTPサーバー動作確認 <<TOP

 

[root@server ~]# ntpq -p ← NTPサーバーへの時刻同期状態確認
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
 ntp-b2.nict.go. .NICT.           1 u    6   64    1   15.688    0.203   0.001
 ntp1.jst.mfeed. 210.173.160.86   2 u    5   64    1   14.105    1.365   0.001
 ntp2.jst.mfeed. 210.173.176.4    2 u    4   64    1   20.726   -2.243   0.001
 ntp3.jst.mfeed. 210.173.176.4    2 u    3   64    1   14.197    1.508   0.001
↑ NTPサーバ名の前が空白の場合は同期中
[root@server ~]# ntpq -p ← 10分ぐらいしてもう一度実行
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
*ntp-b2.nict.go. .NICT. 1 u 31 64 17 15.586 11.866 9.779
ntp1.jst.mfeed. 210.173.160.56 2 u 30 64 17 14.105 1.365 6.654
ntp2.jst.mfeed. 210.173.176.4 2 u 24 64 17 13.312 4.873 6.618
ntp3.jst.mfeed. 210.173.160.86 2 u 30 64 17 13.370 4.799 3.314
↑ NTPサーバ名の前の*は、同期完了 [root@server ~]# [root@server ~]# date ← 時刻確認
2011年 9月 30日 金曜日 11:20:25 JST
[root@server ~]#

 

 
<<TOP
◆広告 <<TOP
 
 
 
TOPへ

Copyright(C) 2005-2014 arisonserver. All rights reserved.