CENTOS6のネットワークインストール(クリーンインストール) 合計:
昨日:
今日:
更新日:2012/1/19
<<ホームへ戻る
【推奨】
CENTOS(The Community ENTerprise Operating System)6をインストールする前に、ドメイン(独自ドメインフリードメインのどちらか)をとっておくことをおすすめします。
設定するときに、ドメインが決まっていると、その後の作業がしやすくなります。
 
 

◆CENTOS6の入手

<<TOP
@CENTOSダウンロードページからISOイメージをダウンロードする。6からCDイメージはなくなり、DVDのみとなった。

今回は、CDROMしか搭載されていないパソコンを想定し、NET INSTALLのイメージをダウンロードし、そのCDからインストールすることとする

 
◆ダウンロードしたCDイメージのチェック。 <<TOP

@、ダウンロードしたISOイメージが破損していないかチェックするために使用するSHA1SUMをISOイメージと同じフォルダにダウンロードする。
※SHA1SUM.txtのダウンロードは、ブラウザがIEの場合、リンク右クリックで「対象をファイルに保存」でダウンロードする

A、Windows用のsha1sum.exeをCDイメージと同じフォルダにダウンロードする。
sha1sumは、160ビットのチェックサムです。
B、ダウンロードしたCDイメージが破損していないかチェックする
コマンドプロンプトを起動する

Microsoft Windows [Version 6.0.6002]
Copyright (c) 2006 Microsoft Corporation.  All rights reserved.
C:\Users\arison>cd C:\Users\arison\Desktop\centos ← 格納したフォルダへ移動

C:\Users\arison\Desktop\centos>sha1sum -c SHA1SUM.txt ← sha1sumの実行
sha1sum: CentOS-6.2-i386-bin-DVD1.iso: No such file or directory
CentOS-6.2-i386-bin-DVD1.iso: FAILED open or read
sha1sum: CentOS-6.2-i386-bin-DVD2.iso: No such file or directory
CentOS-6.2-i386-bin-DVD2.iso: FAILED open or read
sha1sum: CentOS-6.2-i386-LiveCD.iso: No such file or directory
CentOS-6.2-i386-LiveCD.iso: FAILED open or read
sha1sum: CentOS-6.2-i386-LiveDVD.iso: No such file or directory
CentOS-6.2-i386-LiveDVD.iso: FAILED open or read
sha1sum: CentOS-6.2-i386-minimal.iso: No such file or directory
CentOS-6.2-i386-minimal.iso: FAILED open or read

CentOS-6.2-i386-netinstall.iso: OK ← ダウンロードしたファイルがOKなら大丈夫

sha1sum: WARNING: 5 of 6 listed files could not be read
C:\Users\arison\Desktop\centos> 

 

DダウンロードしたCentOSインストールCDイメージをCD-R/RWに書き込む。
  ライティングソフトでCD-RかCD-RWにイメージを焼く。ISOイメージのまま焼くことをお忘れなく。
  でないと、起動すらしてくれません。
 
   

◇CENTOS6のインストール

<<TOP

【インストール目標】
ここで、紹介しているのは、Xwindowは、使わないで、コンソールからテキストベースのコントロールを行うことを前提としてセットアップしています。それで、比較的、最小限のインストール内容となっています。

CentOSのCD(1枚目)をセットしてサーバーとするマシンを再起動する。
※BIOSの設定で1番最初にCDからブートできるようになっている必要がある

後は、指示に従いインストールを完了する。最初は、こんな画面が出てくる。enterを押す

(1)、CDチェックの画面が出てくるが、skippする。

(2)、つぎに、URLを選択してOK

(3)、次の画面では、IPv4をセレクトし、IPアドレスは、DHCPの方を選択、IPv6は、チェックを外す、そして、OK

(4)、次に、imageファイルのあるURLを指定する。http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6/os/i386でOK。

(5)、install.imgのダウンロードが始まります

(6)、グラフィカルインストーラー起動、next

(6)、日本語を選択し、Next
   

(7)、日本語のキーボードを選択し、次

 

(8)、basic Sraorage Devicesを選択し、次

 

(9)、はい。含まれていません。を選択し、次

(10)、あとで、設定するのでそのまま、次

(11)システムクロックでUTCを使用のチェックを外し、次

 

(12)rootのパスワードを設定し、次

 

(13)Use All Spaceを選択し、次

 

(14)Write changes to diskを選択し、次

 

(15)次の画面になる。次

 

(16)Minimalを選択し、今すぐカスタマイズを選択し、次

 

(17)High Availabilityからデータベースまで、チェックがついていたら、すべて外す、次

 

(18)ベースシステムは、ベースのみチェックし、あとはすべて外す、次

 

(19)仮想化のチェックはすべて外す、次

 

(20)日本語のサポートにチェックし、次

 

(21)開発ツールにのみチェックし、次

 

(22)インストールが開始されます

 

(23)下記のようにインストールが続きます。

(24)インストール完了。 「再起動」。

(25)、最初の起動画面。

 

 
 
◆初期設定 <<TOP

@、リモートコントロールできるようにセットアップする

DHCPの項目は、削除すること

これで、リモート接続できる

 

A、最初のインストール時ホストネームを変えていない場合ここで変えておく

[root@localhost ~]# vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
HOSTNAME=localhost.localdomain
   ↓ hostnameを変える

HOSTNAME=server.arisonsvr.org			

"/etc/sysconfig/network" 3L, 46C written
[root@localhost ~]# reboot			

Last login: Fri Jan 20 00:23:33 2012 from 192.168.11.5
[root@server ~]# ← hostnameが変わっている

B、ユーザを追加する

[root@localhost ~]# useradd admin ← adminユーザの追加
[root@server ~]# passwd admin ← adminユーザのパスワードを設定する
ユーザー admin のパスワードを変更。
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: 全ての認証トークンが正しく更新できました。
[root@server ~]# 

C、rootになれるユーザを限定する

[root@server ~]# usermod -G wheel admin ← adminユーザをwheelグループに入れる
[root@server ~]# vi /etc/pam.d/su
auth            sufficient      pam_rootok.so
# Uncomment the following line to implicitly trust users in the "wheel" group.
#auth           sufficient      pam_wheel.so trust use_uid
# Uncomment the following line to require a user to be in the "wheel" group.
auth            required        pam_wheel.so use_uid ← 先頭のコメント解除
auth            include         system-auth
account         sufficient      pam_succeed_if.so uid = 0 use_uid quiet
account         include         system-auth
password        include         system-auth
session         include         system-auth
session         optional        pam_xauth.so

[root@server ~]# yum -y update ← yum一括アップデート
Loaded plugins: fastestmirror
   ・
   ・
   ・
Complete!
[root@server ~]# yum install centos-release-cr ← centos-release-crのインストール(6.2ではいらない)
Loaded plugins: fastestmirror
   ・
   ・
Installed:
  centos-release-cr.i686 10:6-0.el6.centos                                                     

Complete!
[root@server ~]# yum -y install yum-cron ← yum-cronのインストール
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: rsync.atworks.co.jp
 * extras: rsync.atworks.co.jp
 * updates: rsync.atworks.co.jp
cr                                                                      | 3.5 kB     00:00     
cr/primary_db                                                           | 3.5 MB     00:14     
   ・
   ・
   ・
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing     : yum-plugin-downloadonly-1.1.30-6.el6.noarch                             1/2 
  Installing     : yum-cron-3.2.29-17.el6.centos.1.noarch                                  2/2 

Installed:
  yum-cron.noarch 0:3.2.29-17.el6.centos.1                                                     

Dependency Installed:
  yum-plugin-downloadonly.noarch 0:1.1.30-6.el6                                                

Complete!
[root@server ~]# /etc/rc.d/init.d/yum-cron start ← yum-cronの起動
夜間 yum 更新の有効化中:                                   [  OK  ]
[root@server ~]# chkconfig yum-cron on ← 起動時自動実行
[root@server ~]# chkconfig --list yum-cron ← 確認(2-5on)
yum-cron        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
[root@server ~]# 

D、root宛メールの転送

[root@server ~]# vi /etc/aliases ← aliasesの編集
			
# trap decode to catch security attacks
decode:         root

# Person who should get root's mail
#root:          marc
root:  admin@arisonsvr.org ← admin@arisonsvr.orgに転送する
"/etc/aliases" 98L, 1540C written
[root@server ~]# newaliases ← 設定を反映する
[root@server ~]# 

E、SELinuxの無効化

[root@server ~]# getenforce ← SELinux状態確認
Enforcing ← SELinux有効
[root@server ~]# setenforce 0 ← SELinux無効化
[root@server ~]# getenforce
Permissive ← SELinux無効
[root@server ~]# vi /etc/sysconfig/selinux ← SELinux 設定ファイル編集
# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#     enforcing - SELinux security policy is enforced.
#     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#     disabled - No SELinux policy is loaded.
#SELINUX=enforcing
  ↓ 起動時にSELinuxを無効化
SELINUX=disabled 

F、再起動

[root@server ~]# reboot
 
◆広告等 <<TOP
 
 
   
 
TOPへ

Copyright(C) 2005-2012 arisonserver. All rights reserved.