CENTOS5の初期設定   合計:
昨日:
今日:
更新日:2008/5/30
<<ホームへ戻る
【推奨】
CENTOS(The Community ENTerprise Operating System)5をインストールする前に、ドメイン(独自ドメインフリードメインのどちらか)をとっておくことをおすすめします。
設定するときに、ドメインが決まっていると、その後の作業がしやすくなります。
 
 

CENTOS5初期設定

<<TOP
   

@、ルートになれるユーザを限定する。

たとえば、adminとする。

[root@server ~]# usermod -G wheel admin ← 管理者ユーザをwheelに追加

[root@server ~]# vi /etc/pam.d/su
    ・
    ・
auth            required        pam_wheel.so use_uid ← コメントを解除する
      

viエディターについては、ここを参照。

A、パッケージ管理変更

パッケージ管理のyumの初期設定を行う。

[root@server ~]# /etc/rc.d/init.d/yum-updatesd stop ← yum-updatesdはストップする
yum-updates を停止中:                                      [  OK  ]

[root@server ~]# yum -y remove yum-updatesd ← yum-updatesdは削除する
    ・
    ・
Running Transaction
  Removing  : yum-updatesd                 ######################### [1/1]

Removed: yum-updatesd.noarch 0:3.0.5-1.el5.centos.5
Complete!

[root@server ~]# yum -y install yum-fastestmirror ← yum-fastestmirrorのインストール 

[root@server ~]# yum -y update ← 一括でアップデート

[root@server ~]# yum -y install yum-cron ← yum-updatesdの代わりにインストール

[root@server ~]# /etc/rc.d/init.d/yum-cron start ← yum-cronの起動

Enabling nightly yum update:                               [  OK  ]

[root@server ~]# chkconfig yum-cron on ← 自動起動設定

[root@server ~]# chkconfig --list yum-cron ← 自動起動確認

yum-cron        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off ← runレベル2〜5onの確認
         
[root@server ~]# 

B、root宛メールを転送する。

root宛に重要なメールが送られてくるので、root宛メールを普段使用しているメールアドレス宛に転送するようにする

[root@server ~]# vi /etc/aliases
		
# Person who should get root's mail
#root:          marc ← root宛をコメントアウト

root:  admin@arisonsvr.org ← root宛を転送する

[root@server ~]# newaliases ← 転送設定を反映する

[root@server ~]#		

C、SELinuxの無効化

[root@server ~]# vi /etc/sysconfig/selinux ← 設定ファイル変更
# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#       enforcing - SELinux security policy is enforced.
#       permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#       disabled - SELinux is fully disabled.
SELINUX=disabled ← 無効化

[root@server ~]#
      

D、システムの再起動

設定ファイルの更新を有効にするためにシステムを再起動する。

[root@server ~]# reboot ← 再起動

      

 

   
◆広告等 <<TOP