CENTOS5のインストール(4−5アップデート) 合計:
昨日:
今日:
更新日:2007/7/9
<<ホームへ戻る
【推奨】
CENTOS5をインストールする前に、ドメイン(独自ドメインフリードメインのどちらか)をとっておくことをおすすめします。
設定するときに、ドメインが決まっていると、その後の作業がしやすくなります。
 

◆CENTOS5の入手

<<TOP
データの入手方法は、いくつかあるが、BitCometでダウンロードすることとする。  
◆Bitcometを用いてダウンロードする <<TOP

BitCometは、100MBから数GB単位の大きさのファイルを高速に配布するために開発された世界で最も普及しているP2Pプロトコルの BitTorrent と完全に互換性のあるP2Pファイル共有フリーウェアです。.torrentの拡張子でそれを確認できるでしょう。

@、Bitcometのサイト(ミラーのほうが早い)から、プログラムをダウンロードする。安定版と、最新版がある。インストールの方法も記されているので、そのサイトを参考にダウンロードしてください。

A、先ほどの、centos5のダウンロードサイトより、CentOS-5.0-i386-bin-1to6.torrentのところをクリックすると、ダウンロードできるようになる。

ソースネクスト
◆ダウンロードしたCDイメージのチェック。 <<TOP
@、ダウンロードしたCDイメージが破損していないかチェックするために使用するMD5SUMとsha1sumをCDイメージと同じフォルダにダウンロードする。(Bitcometの場合は、同時にダウンロードが選べる)
※MD5SUM.txtのダウンロードは、ブラウザがIEの場合、リンク右クリックで「対象をファイルに保存」でダウンロードする

A、Windows用のmd5sum.exesha1sum.exeをCDイメージと同じフォルダにダウンロードする。
   md5sumは、128ビットのチェックサム、sha1sumは、160ビットのチェックサムです。両方やっておくと、間違いがないでしょう。
B、ダウンロードしたCDイメージが破損していないかチェックする
コマンドプロンプトを起動する

md5sumコマンドの使用方法

DダウンロードしたCentOSインストールCDイメージをCD-R/RWに書き込む。
  ライティングソフトでCD-RかCD-RWにイメージを焼く。ISOイメージのまま焼くことをお忘れなく。
  でないと、起動すらしてくれません。
 
   
◇CENTOS5のインストール <<TOP

【インストール目標】
ここで、紹介しているのは、Xwindowは、使わないで、コンソールからテキストベースのコントロールを行うことを前提としてセットアップしています。それで、比較的、最小限のインストール内容となっています。
今回は、4から5へのアップデートの手順を記していきたいと思います。

CentOSのCD(1枚目)をセットしてサーバーとするマシンを再起動する。
※BIOSの設定で1番最初にCDからブートできるようになっている必要がある

後は、指示に従いインストールを完了する。最初は、こんな画面が出てくる。enterを押す

j

(1)、CDチェックの画面が出てくるが、skippする。

d

(2)、つぎに、Welcomeの画面が出てくる。OKを選択。システムメモリが十分ある場合は、グラフィカルな画面になるが、この場合、テキストモードとなっている。

v

(3)、次に、次の画面が出てくる。Japanese(日本語)を選択。OKを選択。

p

(4)、次に、キーボード設定の画面になる。日本語に対応していないと言う警告画面が出た場合。英語でインストールするのでOK。

o

(5)、キーボードの種類を選択する。jp106でOK。

m

(6)、新しくインストールするか、アップグレードするか聞いてくるので、upgradeを選択しOK。

(6)、Boot Loaderをアップグレードするかどうか聞いてくるので、デフォルトのUpgradeを選択し、OK。

e

(7)、依存性のチェックで少し時間がかかる。しばらく待つ。

f

(8)、次の画面が出てくるので、OK。

g

(9)、次の画面が出てくる。時間がかかる。

h

(10)、次の画面が出て、終了。Rebootする。

c

(11)、最初の起動画面。

q

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
◇アップグレード後の初期設定 <<TOP

設定が、変わっている場合があるので、確認し、CENTOS4と同じ状態に持って行く。

 

(1)rootになれるユーザを管理者のみにする。
例として、管理者用の一般ユーザ名をadminとする。

この設定は、元に戻っているようですので、再設定が必要です。/etc/pam.d/suの内容も変わっています。

 
[root@server ~]# usermod -G wheel admin ← 管理者ユーザをwheelグループに追加
[root@server ~]# vi /etc/pam.d/su
auth       sufficient   /lib/security/$ISA/pam_rootok.so
# Uncomment the following line to implicitly trust users in the "wheel" group.
#auth       sufficient   /lib/security/$ISA/pam_wheel.so trust use_uid
# Uncomment the following line to require a user to be in the "wheel" group.
#auth       required     /lib/security/$ISA/pam_wheel.so use_uid ← コメント解除
↓
auth       required     /lib/security/$ISA/pam_wheel.so use_uid
auth       required     /lib/security/$ISA/pam_stack.so service=system-auth
account    required     /lib/security/$ISA/pam_stack.so service=system-auth
password   required     /lib/security/$ISA/pam_stack.so service=system-auth
# pam_selinux.so close must be first session rule
    ・
    ・
    ↑ 上記は、centos4の時の設定です。centos5では、下記のように変えます。

#%PAM-1.0
auth            sufficient      pam_rootok.so
# Uncomment the following line to implicitly trust users in the "wheel" group.
#auth           sufficient      pam_wheel.so trust use_uid
# Uncomment the following line to require a user to be in the "wheel" group.
#auth           required        pam_wheel.so use_uid
↑ コメントを外し、下記のようにします。
auth           required        pam_wheel.so use_uid
auth            include         system-auth
account         sufficient      pam_succeed_if.so uid = 0 use_uid quiet
account         include         system-auth
password        include         system-auth
session         include         system-auth
session         optional        pam_xauth.so

[root@server ~]# echo "SU_WHEEL_ONLY yes" >> /etc/login.defs ← 最終行へ追加

viエディタについては、別のサイトか、当サイトの例ををご確認ください。

 
(2)RPMパッケージのインストール・アンインストールを行うyumの初期設定を行う  
◆yum plugin「fastestmirror」のインストール <<TOP
fastestmirrorとはパッケージダウンロードサイト(ミラーサイト)より最速サイトを自動検知して、そのサイトよりパッケージを
ダウンロードするプラグインです。
updateでうまくいかないので、一度、centos4の時のものを削除し、再インストールします。
 
[root@server ~]# yum -y remove yum-plugin-fastestmirror
Loading "installonlyn" plugin
Plugin "fastestmirror" uses deprecated constant TYPE_INTERFACE.
Please use TYPE_INTERACTIVE instead.
Loading "fastestmirror" plugin
Setting up Remove Process
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Package yum-plugin-fastestmirror.noarch 0:0.2.4-3.c4 set to be erased
--> Running transaction check

Dependencies Resolved

=============================================================================
 Package                 Arch       Version          Repository        Size 
=============================================================================
Removing:
 yum-plugin-fastestmirror  noarch     0.2.4-3.c4       installed          25 k

Transaction Summary
=============================================================================
Install      0 Package(s)         
Update       0 Package(s)         
Remove       1 Package(s)         

Downloading Packages:
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Removing  : yum-plugin-fastestmirror     ######################### [1/1]

Removed: yum-plugin-fastestmirror.noarch 0:0.2.4-3.c4
Complete! 

[root@server ~]# yum -y install yum-fastestmirror ← fastestmirrorプラグインのインストール
Loading "installonlyn" plugin
Setting up Install Process
Setting up repositories
Reading repository metadata in from local files
primary.xml.gz            100% |=========================| 1.0 MB    00:17     
Warning: cache file is version 6, we need 9, will regenerate
dag       : ################################################## 3620/3620
Added 3620 new packages, deleted 0 old in 86.35 seconds
primary.xml.gz            100% |=========================| 798 kB    00:00     
Warning: cache file is version 6, we need 9, will regenerate
base      : ################################################## 2334/2334
Added 2334 new packages, deleted 0 old in 58.81 seconds
primary.xml.gz            100% |=========================| 117 kB    00:00     
updates   : ################################################## 294/294
Added 294 new packages, deleted 0 old in 8.51 seconds
Warning: cache file is version 6, we need 9, will regenerate
Added 0 new packages, deleted 0 old in 0.02 seconds
http://centos.candishosting.com.cn/5.0/extras/i386/repodata/primary.xml.gz: [Errno 12] Timeout: 
Trying other mirror.
primary.xml.gz            100% |=========================| 6.9 kB    00:00     
Warning: cache file is version 6, we need 9, will regenerate
extras    : ################################################## 42/42
Added 42 new packages, deleted 0 old in 0.59 seconds
Reducing Dag RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux to included packages only
Finished
Parsing package install arguments
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Downloading header for yum-fastestmirror to pack into transaction set.
yum-fastestmirror-1.0.4-2 100% |=========================| 5.0 kB    00:00     
---> Package yum-fastestmirror.noarch 0:1.0.4-2.el5.centos set to be updated
--> Running transaction check

Dependencies Resolved

=============================================================================
 Package                 Arch       Version          Repository        Size 
=============================================================================
Installing:
 yum-fastestmirror       noarch     1.0.4-2.el5.centos  extras             11 k

Transaction Summary
=============================================================================
Install      1 Package(s)         
Update       0 Package(s)         
Remove       0 Package(s)         

Total download size: 11 k
Downloading Packages:
(1/1): yum-fastestmirror- 100% |=========================|  11 kB    00:00     
warning: rpmts_HdrFromFdno: Header V3 DSA signature: NOKEY, key ID e8562897
Importing GPG key 0xE8562897 "CentOS-5 Key (CentOS 5 Official Signing Key) 
<centos-5-key@centos.org>" from http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing: yum-fastestmirror            ######################### [1/1] 

Installed: yum-fastestmirror.noarch 0:1.0.4-2.el5.centos
Complete!

[root@server ~]# yum -y update ← インストール済パッケージの一括アップデート
     ・
     ・
  Updating  : bind-libs                    ####################### [ 8/94] 
     ・
     ・ 
  Updating  : clamav-db                                            [21/94]
warning: /var/clamav/daily.cvd created as /var/clamav/daily.cvd.rpmnew
  Updating  : clamav-db                    ######################  [21/94]
warning: /var/clamav/main.cvd created as /var/clamav/main.cvd.rpmnew
  Updating  : clamav-db                    ####################### [21/94] 
  Updating  : clamav                                               [22/94]
warning: /etc/freshclam.conf created as /etc/freshclam.conf.rpmnew
  Updating  : clamav                       ####################### [22/94] 
  Updating  : module-init-tools            ####################### [23/94] 
     ・
     ・
     ・ 
  Updating  : dhclient                     ####################### [37/94] 
  Installing: kernel-devel                 ####################### [38/94] 
  Updating  : autofs                       ####################### [39/94] 
  Updating  : php                          ####################### [40/94] 
  Updating  : clamd                        #                       [41/94]
warning: /etc/clamd.conf created as /etc/clamd.conf.rpmnew
  Updating  : clamd                        ####################### [41/94] 
  Updating  : samba-client                 ####################### [42/94] 
  Installing: kernel                       ####################### [43/94] 
  Updating  : emacs-leim                   ####################### [44/94] 
  Updating  : gcc-c++                      ####################### [45/94] 
  Updating  : emacs                        ####################### [46/94] 
  Updating  : kernel-headers               ####################### [47/94] 
  Updating  : gnupg                        ####################### [48/94] 
  Cleanup   : vim-minimal                  ####################### [49/94]
  Cleanup   : php-mbstring                 ####################### [50/94]

    ・
    ・
    ・
  Cleanup   : gnupg                        ####################### [94/94]

Installed: kernel.i686 0:2.6.18-8.1.3.el5 kernel-devel.i686 0:2.6.18-8.1.3.el5
Updated: autofs.i386 1:5.0.1-0.rc2.43.0.2 ・・・
 kernel-headers.i386 0:2.6.18-8.1.3.el5 
Complete!

[root@server ~]# yum -y install yum-cron   ←  yum-cronのインストール
Loading "installonlyn" plugin
Loading "fastestmirror" plugin
Setting up Install Process
Setting up repositories
dag                       100% |=========================| 1.1 kB    00:00     
base                      100% |=========================| 1.1 kB    00:00     
updates                   100% |=========================|  951 B    00:00     
addons                    100% |=========================|  951 B    00:00     
extras                    100% |=========================| 1.1 kB    00:00     
Loading mirror speeds from cached hostfile
Reading repository metadata in from local files
Reducing Dag RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux to included packages only
Finished
Parsing package install arguments
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Downloading header for yum-cron to pack into transaction set.
yum-cron-0.1-1.el5.centos 100% |=========================| 3.4 kB    00:00     
---> Package yum-cron.noarch 0:0.1-1.el5.centos set to be updated
--> Running transaction check

Dependencies Resolved

=============================================================================
 Package                 Arch       Version          Repository        Size 
=============================================================================
Installing:
 yum-cron                noarch     0.1-1.el5.centos  base               12 k

Transaction Summary
=============================================================================
Install      1 Package(s)         
Update       0 Package(s)         
Remove       0 Package(s)         

Total download size: 12 k
Downloading Packages:
(1/1): yum-cron-0.1-1.el5 100% |=========================|  12 kB    00:00     
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing: yum-cron                     ######################### [1/1] 

Installed: yum-cron.noarch 0:0.1-1.el5.centos
Complete!


[root@server ~]# /etc/rc.d/init.d/yum start ← インストール済パッケージ自動アップデートスクリプト起動
夜間 yum 更新の有効化中                                    [  OK  ]
[root@server ~]# chkconfig yum on ← 自動アップデートスクリプト自動起動設定
[root@server ~]# chkconfig --list yum ← 自動アップデートスクリプト自動起動設定確認
yum             0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off ← ランレベル2〜5のon確認
[root@server ~]# yum -y remove up2date ← up2dateアンインストール

[root@server ~]#  ↑  up2dateは不要なので、アンインストールする。
Loading "installonlyn" plugin
Loading "fastestmirror" plugin
Setting up Remove Process
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Package up2date.i386 0:4.4.69-25.centos4.7 set to be erased
--> Running transaction check

Dependencies Resolved

=============================================================================
 Package                 Arch       Version          Repository        Size 
=============================================================================
Removing:
 up2date                 i386       4.4.69-25.centos4.7  installed         6.0 M

Transaction Summary
=============================================================================
Install      0 Package(s)         
Update       0 Package(s)         
Remove       1 Package(s)         

Downloading Packages:
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
warning: /etc/sysconfig/rhn/up2date-uuid saved as /etc/sysconfig/rhn/up2date-uuid.rpmsave
  Removing  : up2date                      ######################### [1/1]

Removed: up2date.i386 0:4.4.69-25.centos4.7
Complete!

 
◆「fastestmirror」の無効化 <<TOP

インストール後はデフォルトで「fastestmirror」は有効となっています。
アンインストールすることなく、設定ファイルで無効にすることができます。

[root@server ~]# vi /etc/yum/pluginconf.d/fastestmirror.conf
[main]
enabled=1 ← 有効
↓
enabled=0 ← 無効化

verbose=0
socket_timeout=3
hostfilepath=/var/cache/yum/timedhosts.txt
maxhostfileage=1
        
 
◆プラグインの有効化 <<TOP

Centos4では、プラグインを有効化しておく必要があります。

[root@server ~]# vi /etc/yum.conf← yum設定ファイルの編集
[main]
cachedir=/var/cache/yum
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
pkgpolicy=newest
distroverpkg=centos-release
tolerant=1
exactarch=1
retries=20
obsoletes=1
gpgcheck=1
plugins=1  ← プラグインを有効化

# PUT YOUR REPOS HERE OR IN separate files named file.repo
# in /etc/yum.repos.d			

 

 
   
(4)システム時刻自動同期設定(NTPサーバーを立ち上げる場合は、不要。というより設定すべきでない)
システム時刻を自動的に日本標準時間に合わせるようにする。インストールの確認のみ。
 
[root@server ~]# rpm -q ntp ← ntpのバージョンを調べる。
ntp-4.2.2p1-5.el5      ← centos5用にバージョンアップされている。
[root@server ~]# ntpdate ntp.t.ring.gr.jp ← システム時刻を日本標準時間に合わせる
21 Jan 01:14:22 ntpdate[30982]: step time server 192.218.230.58 offset 11556.315070 sec
[root@server ~]# vi ntpdate ← システム時刻同期スクリプト作成
#!/bin/bash

/usr/sbin/ntpdate ntp.dnsbalance.ring.gr.jp > /dev/null
[root@server ~]# chmod +x ntpdate ← システム時刻同期スクリプトへ実行権限付加
[root@server ~]# mv ntpdate /etc/cron.daily/ ← システム時刻同期スクリプトを
                                                  毎日自動実行されるディレクトリへ移動

 

 
   

(5)nkfコマンドインストール
日本語処理に必要なnkfコマンドをインストールする。
最新版は、ここで確認する。

[root@server ~]# wget http://osdn.dl.sourceforge.jp/nkf/15302/nkf205.tar.gz ← nkfダウンロード
--17:27:49--  http://osdn.dl.sourceforge.jp/nkf/15302/nkf205.tar.gz
           => `nkf205.tar.gz'
osdn.dl.sourceforge.jp をDNSに問いあわせています... 202.221.179.23
osdn.dl.sourceforge.jp|202.221.179.23|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 149,809 (146K) [application/x-gzip]

100%[=========================================>] 149,809       --.--K/s             

17:27:49 (2.42 MB/s) - `nkf205.tar.gz' を保存しました [149809/149809]			
[root@server ~]# tar zxvf nkf205.tar.gz ← nkf展開
nkf205/
nkf205/NKF.mod/
nkf205/NKF.mod/Changes
nkf205/NKF.mod/MANIFEST
nkf205/NKF.mod/Makefile.PL
nkf205/NKF.mod/NKF.pm
nkf205/NKF.mod/NKF.xs
nkf205/NKF.mod/README
nkf205/NKF.mod/test.pl
nkf205/MANIFEST
nkf205/INSTALL.j
nkf205/INSTALL
nkf205/Makefile
nkf205/config.h
nkf205/make_test.pl
nkf205/nkf.1
nkf205/nkf.1j
nkf205/nkf.c
nkf205/nkf.doc
nkf205/nkf_test.pl
nkf205/test.pl
nkf205/utf8tbl.c
[root@server ~]# cd nkf205 ← nkf展開先ディレクトリへ移動
[root@server nkf205]# make ← コンパイル
cc -O -c utf8tbl.c
cc -O -o nkf nkf.c utf8tbl.o

[root@server nkf205]# cp nkf /usr/bin	← nkfコマンドを所定のディレクトリへコピー
[root@server nkf205]# cd
[root@server ~]# rm -rf nkf205 ← nkf展開先ディレクトリを削除
[root@server ~]# rm -f nkf205.tar.gz ← ダウンロードしたnkfを削除
 

(6)locateコマンドで使用するDB自動更新設定
  ファイル、ディレクトリを高速に検索できるlocateコマンドで使用するDBの更新を毎日自動で行うようにする。

[root@server ~]#vi /etc/updatedb.conf ← locateコマンドDB更新設定ファイル編集
# To enable the updatedb in cron, set DAILY_UPDATE to yes
DAILY_UPDATE=no
↓
DAILY_UPDATE=yes ← yesに変更
PRUNEFS="sysfs selinuxfs usbdevfs devpts NFS nfs nfs4 afs sfs proc smbfs cifs autofs auto iso9660 udf"
PRUNEPATHS="/tmp /usr/tmp /var/tmp /afs /net /sfs /selinux /udev /mnt/floppy /media"
export PRUNEFS
export PRUNEPATHS			

		

(7)プリントサーバーの停止
プリントサーバーが起動している場合、不要な場合は停止する

[root@server ~]# /etc/rc.d/init.d/cups stop ← プリントサーバー停止
cups を停止中:                                             [  OK  ]
[root@server ~]# chkconfig cups off ← プリントサーバー自動起動解除
[root@server ~]# chkconfig --list cups ← プリントサーバー自動起動解除確認
cups            0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off ← 全てoffとなっていること
			
 
  <<TOP