Xoopsの設定

ホームへ戻る

更新日:2006/7/12

XOOPSを各々のユーザーに導入するため、まず、MYSQLのデータベースの作成、新たなユーザー名の追加が必要になる。

@XOOPS用データベース作成
  XOOPSは各種データをMySQLデータベースに保存するため、XOOPS用のデータベースをMySQLに作成する。
  なお、例としてデータベース名をxoops、データベース接続ユーザ名をxoopsとする。

[root@server ~]# mysql -u root -h server.arisonsvr.org -prootパスワード ← rootユーザでMySQLサーバーへログイン

mysql> create database xoops; ← xoopsデータベース作成

mysql> grant all privileges on xoops.* to xoops@'server.arisonsvr.org' identified by 'パスワード';
                                     ← xoopsデータベースへの全てのアクセス権限を持った、新規ユーザxoopsを登録

mysql>select user,host,password from mysql.user; ←登録ユーザの確認

mysql> exit ← ログアウト

Aphp-mysqlインストール
XOOPSはPHPで動作するため、PHPからMySQLデータベース(XOOPS用データベース)へ接続するためのパッケージであるphp-mysqlをインストールする

[root@server ~]# yum -y install php-mysql ← php-mysqlインストール

[root@linux ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd restart ← Apache再起動
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]
MySQLインストール <<TOP

次にXOOPS本体をダウンロードしてくる。最新版は、http://xoopscube.jp/ココで、ダウンロードしてください。

[root@server ~]# wget
http://prdownloads.sourceforge.jp/xoops/20474/xoops-2.0.15-JP.tar.gz

[root@server ~]# tar zxvf xoops-2.0.15-JP.tar.gz 
← ダウンロードしたファイルを展開

@/var/www/htmlにインストールする場合

[root@server ~]#cp -R xoops-2.0.15-JP/html/ /var/www/html/xoops/  ← XOOPS展開先ディレクトリ内htmlディレクトリをドキュメントルートにコピー

[root@linux ~]# chmod 777 /var/www/html/xoops/uploads/ ← パーミッションを変更

[root@linux ~]# chmod 777 /var/www/html/xoops/cache/ ← パーミッションを変更

[root@linux ~]# chmod 777 /var/www/html/xoops/templates_c/ ← パーミッションを変更

[root@linux ~]# chmod 666 /var/www/html/xoops/mainfile.php ← パーミッションを変更

A各ユーザ(この場合は、xoopsユーザ)にxoopsをインストールする場合

[root@server ~]# cp -R xoops-2.0.15-JP/html/ /home/xoops/public_html/xoops/
← 展開してできたディレクトリ内のhtmlディレクトリをドキュメントルートにコピー

[root@server ~]# chmod 777 /home/xoops/public_html/xoops/uploads/ 
← パーミッションを変更

[root@server ~]# chmod 777 /home/xoops/public_tml/xoops/cache/ 
← パーミッションを変更

[root@server ~]# chmod 777 /home/xoops/public_tml/xoops/templates_c/ 
← パーミッションを変更

[root@server ~]# chmod 666 /home/xoops/public_tml/xoops/mainfile.php 
← パーミッションを変更

[root@server ~]# rm -rf xoops-2.0.15-JP ← 展開してできたディレクトリを削除

[root@server ~]# rm -f xoops-2.0.15-JP.tar.gz 
← ダウンロードしたファイルを削除

XOOPSセットアップ <<TOP

http://サーバー名/xoops/index.phpへアクセスする。

次へ

次へ

次へ

次へ

次へ

次へ

次へ

次へ

次へ

※ユーザ名/パスワードはXOOPS用データベース上に登録されるユーザ名/パスワードで、システムのユーザ名や、XOOPS用データベース接続ユーザ名ではない

次へ

次へ

インストール完了

XOOPSインストール後始末

[root@linux ~]# rm -rf /var/www/html/xoops/install/ ← installディレクトリ削除
[root@linux ~]# chmod 644 /var/www/html/xoops/mainfile.php ← パーミッション変更

XOOPS確認 <<TOP

http://サーバー名/xoops/index.phpにアクセスしてページが表示されればOK



  <<TOP